事業規模に合わせたホームページ作成・ブランディング戦略|コンサルティング事例|株式会社博士.com

事業規模に合わせたホームページ作成・ブランディング戦略|コンサルティング事例

Web集客戦略

事業規模に合わせたホームページ作成・ブランディング戦略

お悩み相談内容:
7年前にホームページを作成しました。
当時は仲介専門でしたが、今は事業が増え(売却、中古リフォーム、注文建築)
現状のホームページではその強みを見せることができていません。

また、その間に店舗数も増えたのですがその都度店舗ホームページを立ち上げていきましたが、今後この運用でいいのかと疑問に思っています。

会社の事業をしっかりと見せながら、仲介での集客もできるサイトにするにはどのようなホームページを作成したらいいのでしょうか?

ご提案内容:
7年前にホームページを作成されたとのことですが、
確かに当時はSEO対策を軸としたホームページ戦略が一般的でした。
その戦略とは複数ドメインでホームページを複数作成してSEO対策を施し、
地域のメインキーワード(地域+不動産、地域+新築一戸建て)で上位表示させ集客を行うというものです。

ホームページを拝見させていただくとその戦略が手に取るようにわかります。
店舗ごとに作成していく当時の戦略は〇だったのですが、
その代償としてテンプレートデザインで作成されており御社の強みや店舗の強みなどが表現できていないホームページになってしまっております。

近年ではよほど店舗がかけ離れたエリアではない限りは同一ホームページでの作成をご提案させていただいております。

今回、御社の事業展開に合わせた形のホームページのご提案としては
総合トップページ+不動産検索TOP(店舗TOP含む)+事業別TOPを合わせもった総合的なホームページ戦略がベストかと思います。

各店舗ごとに分かれたホームページはすべて1つのドメイン下層に移行します。
その際に今までのSEO対策の効果は引き継いで運用できるよう設定します。



複数店が1つのホームページを運用することによって
・スタッフ紹介
・お客様の声
・売却実績
・リフォーム事例
・建築事例
・現地販売会
などのコンテンツにおいて複数店舗の利を表現することができます。
この統合だけでもアクセス数・信頼性の向上が望めるかと思います。

また、売却、中古リフォーム、注文建築の事業もそれぞれTOPページを作成することによって
お客様に対して専門的な印象を与えることが可能です。

特に売却に関しては、現状一括見積もりサイトを利用しているとのことですので
お客様に査定をお送りする際に売却TOPページを同時に案内することによって
御社の売却の強みや実績を伝えることができ媒介契約率のアップにもつながるでしょう。

注文建築に関しても同様ですが、将来的に事業規模が大きくなれば、
建築専門サイトの構築は検討してもいいかもしれません。

不動産ホームページは不動産会社の状況や事業規模によって修正・進化させていくものだと考えております。
まずしっかりと現状のヒアリングをさせていただき、最良なホームページをご提案させていただきます。

また、作るだけではなく作ったものが効果的にユーザーに使われているか?更新するべきコンテンツを増やすことができているか?
など公開した後の動きこそがホームページ運用を成功させるポイントになります。

ホームページ運用を成功させている会社は全体の10%もいないと言われています。10社中9社はうまくいっていません。
私たちはその成功させている10%になれるようお手伝いさせていただきます。

回答:株式会社博士.com 前田朝輝
株式会社博士.com

〒180-0002
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-17-18 三角ビル2F

企業情報はこちら
フリーダイヤルお電話でのお問合せはこちら

0120-965-805

0120-965-805

C HAKASE.COM Inc All Rights Reserved.